インプラント

当クリニックで採用しているインプラントシステムは、米国 Bicon社製のショートインプラントです。特徴は、非常に小さく短いにもかかわらず、骨と強固に結合し、噛む力に対して充分な強度があることです。またインプラント本体が非常に小さいために手術も小範囲で済み、術後の疼痛や炎症が大幅に軽減されます(但し個人差があります)。構造上スクリュー等がなく丈夫なので上部構造(クラウン・アバットメント等)が故障する可能性が、他社インプラントシステムより少なく、また長期メンテナンスも容易となります。

 

更に当クリニックでは全てのインプラント治療に際し、術前に撮影するCTのデータにより精密診断(コンピューターシミュレーション)を実施しております。また実際の手術時には、このコンピューターシミュレーションで設計した位置に、極めて正確にインプラントを設置するため、診断データをアウトプットして3Dプリンターにより手術用ガイドを製作いたしております。このガイドを使用した手術のことをコンピューターガイド手術と云いますが、この手術法を採用することにより、従来より手術精度が格段に精密になるばかりか、多くの場合、フラップレス手術(無切開手術)が可能です(但し諸条件が整っている場合に限ります)。フラップレス手術法の採用により、術後の腫れや疼痛が大幅に軽減されました(但し個人差があります)。

 

症例1

事故で顔面を強打し、前歯2本が破折して抜歯せざるを得なかった方です。抜歯と同時にインプラント手術を実施し、左下の写真は回復した状態です。歯型を取りセラミック製の歯をつけると

 

症例2

左下奥歯のレントゲン像です。左は術前で、歯を支える骨が完全に吸収して全く無い状態です。やむなく抜歯となり。回復を待ってインプラント手術を行い、上部に歯を製作したレントゲン写真が右です。